Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Channel Catalog


Channel Description:

ブライアンジョーンズと酒が大好きなはにわ氏です☆ 生まれも育ちも東京都青梅市。 将来は世界初の「ブライアンジョーンズ博物館」を建設し、 その主任研究員に就職することが夢♪ 職業は文化人であり、非文化人であり、脱文化人であり、反文化人。 40歳になりましたが、これからも転がり続けますっ。 twitter:nishimurahaniwa

older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21)

    0 0

    ここのところチープ・トリックが元気過ぎて嬉しいデス(^^)/


    6月16日にニューアルバム『We're All Alright』が発売されましたが、

    よく考えると、昨年『Bang, Zoom, Crazy...Hello』を出したばかりなんですよね!!

    パワフルさに感激です!!


    イメージ 1


    ニューアルバムのジャケですが、

    ちょっと色合いがストーンズの『Exile on Main St.』っぽい。

    あ、色合いだけです(=゚ω゚)ノ

    ただ、ちょっと寂しいのが、古い写真にもバーニーが載っていないこと。。。

    かなり問題がこじれちゃったんでしょうか(´・ω・`)



    さて。

    ニューアルバムの話。

    実はまだ、アルバム全体を聴いていないんです( ゚Д゚)

    なので。2曲目の「Long Time Coming」。

    チープ・トリックらしいパワーロック全開!!!!





    0 0

    6月13日に亡くなったアニタ・パレンバーグ。


    21日にチチェスターで葬儀が執り行われ、キース・リチャーズが参列しました。

    sun誌

    sun誌の記事を読む限りでは、マーロンをはじめとした子供たち、

    または孫たちをはじめとして、キースの妻・パティ、

    モデルのケイト・モスなどが参列したようです



    現在のところ、キースは15日のtwitter以降、コメントは発表していません。


    イメージ 1


    0 0

    1967年6月25日。


    ニコとともにモンタレーポップフェスティバルに参加したブライアンだが、

    その後、行われる麻薬裁判のために、気分はすぐれていなかったと評されている。

    18日頃にはロンドンに戻ったものの、どのような生活を送ったか、判然としない。

    但し、ロンドンに戻ってからは、

    新しい彼女であるスキ・ポワティエと一緒に過ごすことが多かったようだ。

    イメージ 1

    一方、休暇から戻ったミックとキースは、アビイ・ロードに向かった。

    この日、ビートルズの「All you need is love」のコーラスと、

    その模様を全世界に衛星放送をするための収録に参加した。



    0 0

    1973年に発表された、デビッド・ボウイのアルバム『Aladdin Sane』。


    そのA面4曲目が「Panic in Detroit」です(^^)/

    イメージ 1


    ミック・ロンソンの印象的なギターリフに、躍動感のあるドラムが特徴的な一曲。

    これは1967年7月に起きたデトロイト暴動をネタにしているのかと思ったのですが、

    歌詞を見る限り、あんまり関係がないような。。。

    デビッド・ボウイについて書かれた『ボウイ』では、

    ホワイトパンサー党のジョン・シンクレアについて語っているとも記されています。



    さて。

    昨日から、ずっとこの曲が頭の中をグルグルと廻っています(´・ω・`)

    特に、このサビ↓

    Panic in Detroit, I asked for an autograph

    He wanted to stay home, I wish someone would phone

    Panic in Detroit

    まだ、今日もグルグルしていますが、とりあえず職場に行きます( ゚Д゚)



older | 1 | .... | 19 | 20 | (Page 21)